2年生のページ
Japanese School in Vienna Second Grade

・小学部2年生の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

実際に量って、学ぶ
2018/07/16

少し前ですが、1Lますと1dLますを使って水のかさを調べました。
自分の持ってきた容器がどれくらい水が入るかを予想して調べる。
1L=10dLであることを確かめる。
実際に操作をして学ぶということは、とても有効です。

水のかさだけでなく、長さ、重さ、速さなどにおいて、1単位の感覚(1dLとはどれくらいの量か、1cmとはどれくらいの長さか)
を養うというのはとても大切です。
その感覚が、
ペットボトル・・・500(   ) A. mL
という問題を解決することにつながります。
しっかり身に付けられるように、授業内外で指導していきます。

友達
2018/07/16

友達ってどんな存在でしょう?
「仲がいい」「よく遊ぶ」「よく話す」
もちろんそうだけれど、それだけじゃない。
困っているときに助け合える。
何かあったときは一緒に謝る。
友達って大切ですね。

第1回 謎のコンサート
2018/07/09

放課後に教室の扉がしまっていたので、何事かと思ってのぞいてみると、中で謎のコンサートが開かれていました。
しばらくして戻ってみると、今度はソーラン節に。
楽しそうで何よりです。

数くらべゲーム
2018/07/04

現地の学校が休みになり、体験生がたくさん来てくれています。

「100より大きい数」の学習の中に、数くらべゲームというものがあります。
0〜9までのカードを並べて数の大小を競うものです。
一度使ったカードは使えないので、どうすれば相手にたくさん勝てるか一生懸命考えながら取り組んでいました。

こんな漢字あるの?
2018/06/29

日本語を話す子どもの会との交流の授業は国語でした。
「同じ部分をもつ漢字」から、「この漢字は本当にあるでしょうかクイズ」を出しました。
グループで知恵を出したり予想したりしながら考えていました。
写真は一例です。
「木」という漢字とカタカナの「ア・イ・ウ・エ・オ」を組み合わせた漢字があるかどうかという問題です。

いろいろな漢字があることを知り、漢字にもっと興味をもてたでしょうか?

ウィーンのセミ?
2018/06/29

生活科では、虫などの生きものについて調べています。
図書室で図鑑を見ていると、
「先生!ウィーンのセミがいます!!」
何事かと思って見てみると、セミの鳴き声が「ウィーン、ウィーン」と書いてありました。面白い!

より詳しく知るために、虫を飼育して観察することになりました。
虫かごがなくても代わりに使えるものがいろいろあることを知り、やる気になっていました。

なんだっけ?
2018/06/28

算数の時間に「780は10が78こ」とも表せることを知った子どもたち。

「700は10が70個で、80は10が8個」
「それって"あの図"だ!」
「じゃあ"あの図"、描いて」
ということで黒板に図示することに。

一人が描いて…何かが違う。
また一人が横に描いて…まだ違う。
三人で考えて…???
七人全員で話し合って…正解!
復習が大切ですね。

書くこと
2018/06/27

国語科「こんなもの、見つけたよ」の学習で、面白いと思ったものを伝える文章を書いています。
宿泊学習のことを思い返しながら、まずはメモを書きました。それを基に、次の時間から組み立てを考えて文章を書いていきます。
4月から書く活動にたくさん取り組み、書いて表現することに慣れてきています。

公共の場所・物
2018/06/25

宿泊学習で、たくさんの公共施設を利用したということを踏まえ、道徳の時間に「みんながつかうばしょやもの」について考えました。
振り返りで、「自分だけでなく、みんなが楽しいことが大切なんだ」という気付きがあったことが素晴らしかったです。
宿泊学習の様子は、学級通信で近日中にお届けします。

インゲンマメが・・・
2018/06/19

インゲンマメの葉っぱが傾いていることに気付き、ポットを回転させてみました。
音楽の授業から帰ってくると…
葉っぱが動いている!?なぜ!?

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -