6年生のページ
Japanese International School in Vienna Sixth Grade

・6年生の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

やっと授業再開!
2019/06/18

わけあって、しばらく授業がなかったのですが、久しぶりに6年生の授業を行いました。体験生も来てくれて、今日は、外で国語「森へ」の音読をしました。青空教室!桜の木の下で「森へ」を読むと、まさに五感を使っていろいろと感じることができました。そして、色づき始めたサクランボもとても美味しそうでした。

体験生のおかげで学級討論会ができた!
2019/5/31

 国語の学習で「学級討論会をしよう」という単元がありますが、どうしようかと2人で困っていましたが、2名の体験生が本日、来てくれました。そのため、急遽、学級討論会をすることにしました。この目的は、どちらがよいとか正しいということではなく、自分の考えをしっかり持つことが大切です。議題は「学校にお菓子をもってきてもよいか」「お弁当がよいか。給食がよいか」です。みんな自分の意見をしっかりと話すことができました。
2

りんごの皮むき
2019/05/22

家庭科でりんごの皮むきをしました。
手を切らないように気をつけながら、上手にむけました。
むいたりんごは、お昼ごはんの時間に美味しくいただきました。

やはり実際に見ることは素晴らしいこと
2019/05/16

今日は音楽鑑賞に行ってきました。ウィーン楽友協会、ガラスのホールにて、トーンキュンストラー管弦楽団のリハーサルの様子を見学しました。やはり、「本物に触れる」とはこのことですね。みんな、音楽の魅力に引き込まれていました。

雨が多い今週
2019/05/16

運動会の練習が始まりましたが、天候不順が続いてなかなか外での練習ができません。しかし、ホールで一生懸命練習したり、作戦を立てたりと子どもたちなりに真剣。来週はいよいよ本番。練習の成果が発揮できるといいです。あとは、晴れを祈るばかり・・・。

春の俳句を作ろう!
2019/05/08

 春の俳句を作るために、国語の時間に校庭を歩いて、春らしいものを探してメモをとるという学習をしました。普段、何気なく遊んでいる校庭ですが、よく見ると春を感じるものがたくさんありました。色づきはじめたサクランボやリンゴなどなど。春から夏への移り変わりの今、どんな俳句ができるか楽しみですね。

縄文時代のくらしは大変!!
2019/05/03

 社会科の授業で、縄文時代と弥生時代を学習しました。狩りや漁が生活の中心だった縄文時代を体験しようと、自分たちで自然のものを利用して道具を作ってみました。意外と難しく、当時の人々の生活の大変さを少し実感できたのではないでしょうか。この学習を通して、改めて現在の生活の素晴らしさにも気づくことができました。

つないで つないで 一つのお話
2019/04/30

 本日、体験生が来てくれました。そこで、国語の単元「つないで つないで 一つのお話」を学習することができました。初めと終わりの一文を決め、順番にお話をつないでいく授業。2人ではなかなか難しいですが、たくさんのお題で盛り上がりました。楽しい時間を過ごしました。

やっと実現、桜の森祭り
2019/04/27

念願の桜の森祭り!!天気も良く、気持ちが良い中で、ソーランや歌を披露しました。外でのお弁当も最高でした。

出会い
2019/04/27

2019年度が4月12日からスタート。どの学年も学級開きを行う中、な、な、なんと、6年生は児童がいない!!
あらかじめ分かっていましたが、なんだかさみしい気持ち。でも、6年生も無事にスタートを切ることができました。笑顔を大切に頑張ろう。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -