6年生のページ
Japanese School in Vienna Sixth Grade

・6年生の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

自分たちで考えることの大切さ
2018/11/06

バザーに向けて準備を進めてきました。商品や看板、値札等も完成して、ほぼ開店できる状態まできています。さて、ここからの3日間は何をすればよいのか?また、何をしないといけないのか?そのことをみんなで考え、共通理解することが大切であることに気付くことができた本日でした。何のためにバザーをするのか。もう一度、原点に立ち返り、自分たちで進めていくことに価値があります。このバザー出店で得た、多くの「学び」を当日も生かせることを期待しています。

全力を出し切った持久走記録会
2018/11/03

本日、無事に持久走記録会を終えることができました。
日頃の練習の成果が出せたのではないでしょうか。自分に負けない。諦めない。このことは、持久走に限らず、これからの生活にも繋がってきます。どんなことにも、負けない、諦めない気持ちを大切にしていきたいですね。

バザーに向けて@
2018/10/31

なにを決めるにも 根拠がないと 決まらない…
実際に、聞いてみなけりゃ わからない。
なら、調査してみよう!
「私たちの手作り品。これ、いくらで売れると思いますか?」
という、アンケートに出かけました。

バザーに向けてA
2018/10/31

けれど、、、
「声をかけたとたん、いらないって言われた…」
「売りつけるのだと、勘違いされてる…」
それどころか、声をかけても立ち止まってくれない。答えてくれない。そんなことの方が多い。
「無視された?」 いや、世の中の全員が、自分たちの声に丁寧に耳を傾けてくれるわけではないのだ。予定通りになんていかないこともある。 一方で、とても丁寧に接してくれる人がいた。ドイツ語で話ができるように、メモもしっかり作っていたけれど、その通りに言っただけでは伝わらない。
どんな状況の人に、どんな雰囲気で声をかけようか。どのタイミングで、見本品や資料を見せようか。相手はどうやったら、答えやすいのだろうか。
それは、言語力だけの話ではない。
時間が経つにつれて、答えてくれる人に出会える確率が高まったのは、工夫の賜物。

バザーに向けてB
2018/10/31

そして、集めたデータをどのように解釈するか。そして、自分たちはどのような決定をくだすか。
全て成功が保証されているわけではない。答えを書いて○や×がつくようなことでもない。でも、予定外のことだらけもおもしろい。今回は、結果が出てもすごく困ることにはならないから、「やってみよう!」。そして、終わったあとに結果を受けて「何かを考えてみよう!」それを、今後の「何かに活かそう!」。という姿勢を前面にだして臨むことができる。
そんなことを経て得られる経験を国語、算数、社会、理科、ドイツ語、英語、、、、、と混ぜていくことが、学びにとって重要だと思います。

バザー準備、頑張ってます。
2018/10/22

日本人学校バザーは何のためにやるのか。それを考え、今回、5・6年生を中心に全校に呼びかけて出店することになりました。その中で、どんなことをしなくてはいけないのかを自分たちで考えるなど、自分たちで運営する楽しさや難しさを実感しているところです。みんなで話し合い、よい勉強になっています。
P.S 先生の誕生日をお祝いしてくれて、ありがとう。

楽しく過ごしています
2018/10/17

 最近、5,6年生で話し合ったり、活動したりすることがたくさんあります。学年関係なく楽しく過ごせることはいいことですね。ウィーン日本人学校の高学年として、これからも頑張っていきましょう。

待望の体験生が来ました。
2018/10/15

 先週からみんなが楽しみにしていた体験生が来ました。初めはお互い緊張していましたが、すぐに慣れて、楽しく過ごすことができました。早速、理科の授業では「水溶液」の学習をし、身近にあるものの性質についてみんなで学習しました。

いよいよ明日は本番
2018/10/05

 昨日は学芸会リハーサルがありました。反省を生かして、今日は最後の練習をしました。声の大きさや話し方だけではなく、この学芸会を通してどんなことを伝えたいのかを確認し、最後は5,6年で円陣を組んで解散しました。
明日はみんなで楽しみましょう。

前期が終了しました。
2018/09/28

 今日で97日間の前期が終了しました。あっという間だった気がします。運動会や宿泊学習など、いろいろな行事がありましたが、どの行事でも最高学年としての「プライド」をもって取り組むことができました。10月1日から後期がスタートします。後期は「卒業」というゴールに向けて、日々、頑張っていきましょう。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -