6年生のページ
Japanese School in Vienna Sixth Grade

・6年生の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

「速い」ということ
2017/09/18

「速い」「遅い」日ごろ何気なく使う表現ですが、
一体どういうことなのでしょう?
条件を変えて、実際に調べてみました。

同じ距離を移動するのに、かかる時間が短ければ「速い」
同じ時間かけて、より遠くまで移動するのが「速い」

では、移動距離も、かかった時間も違うときは・・・
5年生の算数を思い出して考えました。

セット完了!
2017/09/18

先週に引き続き、ミシン糸セットの練習です。
上糸、下糸、絡ませて、引き上げて・・・
なんと5・6年生全員、自分でセットすることができました!
しかもわりとすんなりと。

電源を入れて、から縫いの練習も済ませ、次回はいよいよ作品の製作開始です。

あなたにプレゼント
2017/09/12

自分が思う「自分のよいところ」、周りから見た「よいところ」
同じでしょうか?それとも・・・?

友達の印象にぴったり合う絵カードを選んでプレゼントします。
自分のところに集まるカードは不思議と同じもの。
半年近く一緒に生活してきて、お互いのことがよくわかってきました。
自分では気づかなかったよさに気づいた人もいましたね。
これから、まだまだ知らない一面が出てくるかもしれません。それを見つけられるといいですね。

ミシンにチャレンジ!
2017/09/08

学校のミシンは教科書には出ていない「ボビンケースつき垂直釜式」!
昨年学んだことを思い出し、下糸、上糸のセットの仕方を練習します。
初めての経験になる5年生と一緒に、悪戦苦闘。
セット完了、使えるようになるまであと3ステップくらいです。
続きはまた来週!

祝39周年
2017/09/05

すっかり秋めいてきた空気の中、
ウィーン日本人学校の創立39周年記念式典が行われました。
これまでにどれだけの子どもたちが学び、育ってきたのでしょう。

自分たちもその歴史の一部であることに感謝し、
これからは自分たちがそれをつないでいこうという思いで式典に臨みました。

その後の日本人会夏祭りでは意気の合ったソーラン節を
披露することができました。

たのしみは
2017/09/01

江戸時代の歌人、橘曙覧の作品を参考に、
「たのしみは・・・とき」の型にあてはめて短歌をつくりました。
どんなことをしているときが楽しいか、考えたり話し合ったりして、
「特別な日や出来事も楽しいけれど、何気ないささやかな喜びも“楽しい”に入る!」
というような声も出ました。

6年生の「たのしみは・・・」
こんなときです。

アイス屋さんへ
2017/08/28

ウィーンは町のあちこちにアイス屋さんがあります。
大人も子どももアイスを片手に歩く光景がめずらしくありません。

ドイツ語でアイスの注文の仕方を学習しました。
そこで、実際に学校近くのアイス屋さんへ。

ショーケースに並ぶ色とりどりのアイス。
何味を何玉?カップかコーンか?・・・
一人一人、自分の食べたいものを注文することができました。
これからは一人でも買えそうですね。

洗濯の実験
2017/08/25

家庭科「衣服を清潔に整えよう」の学習です。
水洗いだけで、どれだけきれいになるのでしょう。
1日置いたしょうゆ染み・泥汚れと、ついて間もない汚れとでは落ち方が違うか、
予想を立て、実験してみました。
水洗いだけですぐに落ちる汚れがあること、こすり方、すすぎ方にもコツがあることなど、気がつきました。
おうちでのお手伝いが、また増えそうです。

夏休み作品展
2017/08/25

夏休みの学習の成果です。
心に残った風景の絵、不思議に思ったことの研究、思い出新聞、フィールドワーク調査・・・
6年生も思い思いの作品がそろいました。

今日から始まった全校の作品展を見学に。
大きな刺激を受けたようです。

割合をどのように表そう?
2017/08/23

1人分のシロップと水の割合から、4人分にしたときの割合を考えます。(5年生の復習)

「シロップ1人分を1、4人分を1としたとき、水の量は変わる。
けれども、シロップと水の量関係はかわらない。」
数の大きさの比較ではなく、量関係で比較すること、
割合を2つの数で表す方法が「比」であることを学習しました。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -