6年生のページ
Japanese School in Vienna Sixth Grade

・6年生の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

校外学習
2018/09/27

 算数で学習した「比と比の値」「比例」が生活の中でどのように使われているかを探しに、DONAU ZENTRUMへ校外学習に出かけました。身の回りには、たくさん学習したことが使われていることを実際に発見したことで、より実感が沸いたのではないでしょうか。このように学習したことが生活の中でどのように使われているかを実感することはとても貴重な体験だと思います。ぜひ、家でもいろいろ見つけてみてください。

学芸会にむけて
2018/09/25

 学芸会に向けて、毎日1時間の練習をしています。人数が少なくて1人何役もこなしていますが、5,6年生が一丸となって頑張っています。今日は、自分たちの演技をビデオに撮って、昼食時に観ました。「声が小さいなぁ」「演技が分かりづらいなぁ」と自分たちの演技を振り返りました。さて、明日からはさらに上を目指して頑張りましょう。

美術鑑賞教室に行ってきました。
2018/09/21

 本日、美術鑑賞教室でウィーン美術館へ行ってきました。今回は、50年ぶりのオットー・ワグナーの展示です。子どもたちは事前学習を行い、実際の展示の数々に夢中になっていました。積極的に質問する姿や熱心にメモを取る姿など、とても充実した研修になりました。まさにウィーンならではの学習ができました。これからは、ちょっと街を歩きながら建物などに関心が持てるとよいですね。

学芸会に向けて
2018/09/14

いよいよ、学芸会まで3週間余りとなりました。5,6年生で協力して、劇、合奏、歌を頑張って練習しています。今回は、合奏の様子です。カメラ目線バージョンと真剣バージョンの2枚があります。学芸会に向けて、楽器だけでなく、劇のセリフを覚えたりとたくさんやることがありますが、自分たちで声を掛け合って、休み時間にも進んで練習する姿があります。ご家族の皆様もぜひ、楽しみにしていてください。

縮尺を使って求めました。
2018/09/07

 算数の時間に学習した「縮尺」を使って、いろいろなものの高さを求めてみました。自分たちで分度器に糸とおもりをつけて角度を計測するためのものを作り、実際に外に出て体験しました。やはり、学習したことが生活につながると実感できると、子どもたちも生き生きと活動に取り組みます。今後も、このような活動ができるといいなあと思っています。

H30 後期生徒会役員選挙がありました
2018/09/06

 9月5日に平成30年度後期生徒会役員選挙がありました。6年生からも立候補者や選挙管理委員長、そして、委員会の委員長など、それぞれの立場で活躍しました。さすが、最高学年らしい素晴らしい姿がたくさんありました。一人一人が確実に成長しています。今後も自信をもって、ウィーン日本人学校の最高学年として頑張りましょう。

全員で指揮をしたよ。
2018/08/28

 夏休みが明けてから、更新が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
 さて、夏休み明けすぐに「紹介式」がありました。その時に、歓迎の歌を歌いますが、指揮者がいない。ということで、6年生にお願いしました。すると、本番では全員で指揮をすることになり、みんなびっくりしいました。一番、驚いていたのは伴奏者でしたね。でも、6年生の団結力を見せることができたのではないでしょうか。

仲間との別れ&明日から夏休み
2018/07/20

 学年の仲間とのお別れはとてもさみしいものです。
授業や行事など、一緒に過ごしてきた仲間です。遠く離れていても、お互い強い絆で結ばれているはずです。夏休み明けからも、お互い頑張りましょう。
 明日から夏休みです。健康や事故に気をつけて、楽しい夏休みを過ごしましょう。8月20日、全員の元気な笑顔が見られることを楽しみにしています。

毎朝、御神楽の練習をしています
2018/07/18

 夏休みまであと少しとなりました。
今週になって、毎朝、御神楽の練習をしています。今年度は6年生も参加することになり、昨年度、経験がある先輩として、4,5年生の教えています。自分たちも記憶をたどりながら、一生懸命教えている姿はとても頼もしいです。みなさんの熱心な指導で確実に上達しています。

情報教育を行いました。
2018/07/11

 本日、5年生、6年生、中学生と一緒に情報教育を学習しました。ネットでの「悪口」について考えました。言葉だけでは相手に伝わりにくいこと。また、言葉やスタンプだけでは、相手に気持ちまで伝わらないことが分かりました。「ちがい」について認識を深め、自分は「おもしろい」と思っていても、相手は「バカにされている」と捉えてしまうことがあるので、慎重なネットでのやりとりが必要であることを学びました。人によって言葉やイラストの捉え方が違うことを実感することができました。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -