中学部1・2・3年のページ
Japanese School in Vienna Junior Highschool!

・中学部の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

慰霊の日
2018/06/25

6月23日は第二次世界大戦中、
日本で唯一地上戦が行われた沖縄での
戦闘が終結した日です。

遠くウィーンにあっても、決して忘れてはならない日の
一つです。

ニュースを見ているうちに、沖縄の中学3年生が、
「慰霊の日」の式典で詩を朗読した記事を見つけました。
同じ中学生の言葉には、何か感じるものがあるのではと、
クラスで紹介し、読みました。

この感受性豊かに、紡がれた言葉の一つ一つが素晴らしい。

宿題はインターネット上にある彼女自身が朗読している
動画を見るということにしました。

切に平和を願う彼女の言葉が、
1人でも多くの人に届きますように。


「生きる」
沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子


私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。


私は今、生きている。


私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。



私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。


ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。


私はこの瞬間を、生きている。


この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。


たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ


私の生きる、この今よ。


七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。


みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。


摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。


私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。


あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。


今を一緒に、生きているのだ。


だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。


大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。


これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。


摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

お別れ式T
2018/06/19

帰国に伴い、中学部から1人、
転出することになりました。
4月から分かっていたこととは言え、
寂しい気持ちは否めません。

しかし、最後まで彼らしく笑顔でいてくれて、
ほっこりとした和やかなお別れ式になりました。

どうかお元気で!

(写真1)最後の思い出にお弁当ピクニック
(写真2)送られる主役自ら校歌の指揮
(写真3)3年間ともに過ごした相棒と最後に

ありがとうさようなら
2018/06/14

お別れの時が近づき、
3年間お世話になった先生方に
ありがとうさようならを伝える時期になりました。

忘れがたい思い出を胸に、
別れがたい別れをし、
思いやりにあふれる大人になってください。

あと数日です。

文明の利器
2018/06/12

昨日と今日、中学部は前期中間テスト。
今日の1時間目は英語でした。

少人数ならではのリスニングテストは、
通常ヘッドホンを使って行っています。
ただ、いつも線が邪魔になっていました。

そこで先輩がこういうものありますよと、
ブルートゥースで接続できるイヤホンを
貸してくれました。(通称「うどん」らしいです。)

これは優れもの!

21世紀のリスニングはこれになりそう??

一期一会
2018/06/01

まもなくウィーンを去る体験生が、
最後にとやって来てくれました。

ともに過ごした日々は多数あり、
無数の思い出があります。

ウィーンを去る日が近いのはお互いさま。
また日本や世界のどこかで再会できることを願いつつ、
名残惜しい別れをしました。

お互い元気でね。

See you again!

運動会D
2018/05/30

当日だけでなく、それまでの取り組みも含めて
大いに盛り上がった運動会は、白組の優勝に終わりました。

トロフィーをもらう時の団長の誇らしげな表情が
印象的でした。

閉会式の後、新しく解団式を行いました。
優勝した白組も、準優勝した紅組も、
それぞれ団長と副団長へのねぎらいの言葉をもらい、
充実した表情を見せていました。

この行事を通して学んだことを、
今後の学校生活に生かしてください。

(おわり)

運動会C
2018/05/30

運動会の最後をしめくくるのは紅白リレー。
紅白がそれぞれ2チームに分かれ、全4チームで走りました。

青チームは中学生を半周の部に持ってくる勝負手でしたが、
結果的にはこの作戦が白組としては当たりでした。

大声での声援が響き渡るなか、
最後の団長アンカー対決を白チームが征し、
白組が総合優勝を果たしました。

最後まで力の入った勝負で、
クライマックスにふさわしい場面となりました。

(つづく)

運動会B
2018/05/30

休憩を挟んで、第二部の一発目はソーラン節でした。
紅白に分かれる運動会ですが、
このソーラン節は紅白関係なく学校として取り組みます。
まさにその心構えが伝わってくる踊りでした!

個人技能走は、スタート地点のバットぐるぐるが
様々な珍プレーを生んでいました。
最後の中学生対決は8回転の予定でしたが、
放送係の無茶ぶりで10回転になってしまいました。
その無茶ぶりに一生懸命応えてくれて頼もしかったです。

また、親子競技では親子ならではの絆が随所に見られ、
好プレーが続出でした。

そういった珍プレー好プレーも運動会の見所の一つです。

(つづく)

運動会A
2018/05/30

運動会ではいろいろな種目や仕事があります。

短距離走では中学生同士で競います。
はこを運んでという競技では、
下級生と力を合わせて競います。

個人競技と団体競技。
どちらもスポーツのすばらしさを表します。

また、今回出場が叶わなかった中学生は、
放送の係をがんばりました。
何と果敢にドイツ語の放送にも挑戦!

十分通じる内容だったとお褒めの言葉もいただきました。

(つづく)

運動会@
2018/05/29

土曜日にこれでもかというぐらいの晴天の下、
新緑大運動会が行われました。

中学部はどの場面でもリーダーとして活躍しました。
何枚か写真をご紹介します。

今日のところは、開会式、ウィーンハリケーン、
ウルトラクイズから1枚ずつ。

開会式の中では、選手宣誓とエール交換が
印象に残りました。
マイクを使わず地声で頑張りました。

ハリケーンは練習の成果が見られ、
ウルトラクイズも白熱しました。
まさか三択クイズで紅白両方が外すとは…!

実にドラマチックでした。

(つづく)

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -