中学部1・2・3年のページ
Japanese School in Vienna Junior Highschool!

・中学部の活動の様子です。
・随時更新しています。

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

学芸会練習1
2018/9/24



 学芸会の練習が始まりました。
中学部はどんな出し物にするのかを夏休み明けから話しあってきました。「劇はどうだろうか。」「テレビ番組風にしようか。」「少人数でもしっかりできるものを考えよう。」等いろんな事を話しあって台本づくりから始めています。下の写真はその打ち合わせ風景。楽器を中心に話しあっています。一体どんな出し物を考えているのでしょうか。当日を楽しみにしてください。

プルカウ交流
2018/09/18



プルカウ校との交流の続きです。前回で生徒達は日本の遊びを教えたことを伝えました。けん玉、習字、竹馬、輪投げなどをして交流を終えてからブドウ摘み体験をさせてもらいました。学校が持っているブドウ畑に行き、なっているブドウを房ごともぎ取りました。たくさんのブドウのお土産をもらい感謝です。

プルカウ交流
2018/09/10



9月7日にオーストリアのプルカウ校との交流行事がありました。朝からバスで出かけていきました。プルカウ校からはあたたかい出迎えを受ける中、中学部をはじめとするウイーン日本人学校のみんなは日本の遊びを教えています。ゲームの中では相手の名前を覚える事ができました。これで30年ほど続く交流です。大切にしていきたいと思います。


(交流は習字・あやとり・サッカーの交流)





9月の中学部
2018/09/06

ウイーン日本人学校が創立40年を迎えた記念の集合写真の撮影風景です。中学部もこれからのウイーン日本人学校を作っていきます。
 学芸会のスローガンの発表風景(生徒朝会)1か月後に迫った学芸会をみんなで成功させよう。
 後期生徒会選挙の様子。みんなでよりよい学校を作っていこう。

夏休みが終わって
2018/08/27

夏休みが終わって学校に戻ってきました。みんなで応接室で昼食を食べながらの語らいです。新しい中学生も加わってみんなで自己紹介をしながらのにぎやかな語らいです。この日にはアルバ先生も入って自分の事について話はいろんな方向に向かっていました。
英会話の時間にはヨハンナ先生とも学習をしています。今月も頑張ってLet’s study English!

それぞれの夏へ
2018/07/20

お別れ式の後、受験生の彼はタクシーで
空港へ直行しました。
夕方の便で1人日本に飛び、夏期講習なのです。

どっちが見送る方なのか分からない、
何とも不思議な別れ際となりました。

1年生は技術家庭科の時間に育てていた
ズッキーニの収穫をしました。
こんな形のズッキーニがあるんですね。

この収穫物を家でどうやって食べるか考えて、
実行するのが宿題だそうです。

それぞれの夏が始まります。

お別れ式U
2018/07/20

明日から夏休みというタイミングで
お別れ式がありました。

寂しい気持ちを押し殺して、
努めて笑顔でいようとする彼の姿に、
余計にぐっときました。

さようなら、お元気で。
日本でも活躍してください。

(写真1)全力で中2教室を掃除しました
(写真2)お別れ式でも努めて笑顔!
(写真3)体験生とともに

わかれゆくあなたに
2018/07/19

夏休みまであと1日。
今までお世話になってきた先生方とも
お別れの時が近づいてきました。

名残惜しさは尽きませんが、
今までの感謝を伝えることができました。

(写真1)最後の英語の授業で英単語を駆使したゲーム
(写真2)音楽の先生と
(写真3)美術の先生と立体作品

7月になりました。
2018/07/02

今朝は紹介式がありました。
今回から歓迎の歌を歌うようになりましたが、
中学生が伴奏と指揮をしました。
金曜日にちょっと合わせただけでしたが、
息はぴったりでした。次の紹介式はまた来週。

さて、そんな中学部にまた体験生が来てくれました。
各学年に女子が1人ずつ。
少数派だった女子がクラスで多くなって、
みんなうれしそうです。

限られた時間を有効に使ってください。

宿泊学習C
2018/06/28

「文武両道」

受験生には受験生の宿泊学習がある。
問題集を4,5冊持ち込んで、
合間を見つけては勉強勉強…

ちょうど2年生が英語で学習したばかりの内容が
入試問題に出ていたので後輩にもシェアしました。

また2日間、朝ランに挑戦しました。
そこで見た景色に感動しました。

「中学生男子三人で朝のランニングをした時の
日の出は今でも鮮明に覚えている。
太陽に照らされた芝のような畑のようなものが
白く光っていた。あの景色はゴーサウの宝であろう。
これからの人生で忘れることはないと思う。」

朝早くホテルのドアの鍵を開けてくれた先生、
いっしょに走り日の出の目撃者となってくれた先生に
感謝ですね。

(おわり)

menu前ページTOPページ次ページ../../img/space.gifHOMEページ

- Topics Board -